2010 / 04
≪ 2010 / 03   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2010 / 05 ≫

結婚式も終えて落ち着く前に、まだ最後の仕事がありまして・・・

二次会に、お色直しの衣裳で出席するけど、翌日には返却せなあかんので、
「頼むわ~」ですわ。┐(~ー~;)┌
本人達が行けないから、仕方ないと引き受けたけど、
結構大きな荷物なんで、ビックリ!
電車で持って行けると思ってたのに、これは車で行かんと無理だぁ。
でも、一人で行ってもショップには駐車場が無いし、路駐も難しい場所。
で、旦那が子女の結婚で休みがもらえてたんで、3姫共々おでかけ~。

折角出掛けたので、ランチをしにカフェへ。

100426_bonnbon


▼read more


昨日、無事にDRAGONの結婚式が済みました。

100425_asiyayamatekurabu

100425_weding


▼read more


日曜は、パルママさんが、「但東チューリップまつり」に行かれると言うので、我が家も便乗。
でも、気まぐれな我が家、お約束はせずに、会えたらよろしくと言うことに・・・

はい、お約束しなくて正解でした。(笑)
出発が遅れた上、思いのほか遠くて、到着はお昼を回ってましたの。
で、めちゃ多くの来訪で、駐車場に入るのに大渋滞。
流れに従って進むも、駐車場が第1、第2が満車で、第3にやっと駐車したけど、
シャトルバスが出てるくらい、チューリップ畑から遠い。
ワンコ連れで、ジイジも一緒だからシャトルバスに乗るのは難しい。

で、警備のおじちゃんに尋ねたら、畑までは10~15分掛かるって、
まぁ時間は構わないけど、道路が細いから、車イスを押して行くのは大変やと思ってたら、
優しい町でおます、畑の傍に身障者用の駐車場が用意されてましてん。(^人^)感謝♪

100418_tulip1


▼read more


土曜日、また橋を渡りまして・・・

100417_awaji

もうひとつ、橋を渡って来ました。

100417_naruto1

徳島で行われるドッグショー「パピヨン展」の観覧に・・・

▼read more


昨日は、泉南へ墓参。
今年は、まだ桜が残っていました。

100410_sennan



▼read more


月日が経つのはホンマに早い、初七日もあっと言う間に過ぎてしまいました。

パピ友から届けられたお花で祭壇が華やかになってますが、
またRママさん、Nさんから届けられて、一層華やかになりました。
ありがとうございました。

100409_saidan

色とりどりのお花さんたち、そう春なんだよねぇ。
さぁジュニア、これからも沢山お出掛けするよ~。

▼read more


ジュニアにお悔やみコメント&メールを沢山頂き有難うございます。
お一人ずつにお返事しなければいけないのですが、
時間が取れずまとめてお礼を申し上げます。<(_ _)>

病院から連れ帰って、祭壇を作るのにしめっぽくならないよう、
明るい色の花で飾りつけました。

霊園に3日の葬儀を依頼をして、嫁と娘にメール連絡。
続いて、パピ友の姉御だけに電話でお知らせ。
他のパピ友にも自分でしなければいけないんだけど気力がなくて、
姉御ならそれなりに連絡してくれるかと・・・
嫌な役目をお任せしてごめんなさい。

次の日、ビーンくんファミリーが葬儀に参列出来ないからと、
Kさんとの合同で素敵なお花を持って来て下さいました。
(Kさん、お電話&お花をありがとうございました)
ビーンくんは、初めてのパピ友で、知り合えた事で、沢山の仲間ができました。
そして、ちいちゃんは我がHPの師匠で、パピ友の輪が、さらに広がりました。
丁度留学先から帰国中で、会ってもらえて良かったです。

葬儀には、いつものメンバーが揃って参列してくれました。
この日は花見オフ予定だったのに、「花見はいつでも出来る!」って・・・
ホンマに感謝、感謝です。
Pママさんには、着物を作って頂き、皆さんからお花も沢山飾ってもらって、
仲良しのパピ友に見送られ、ジュニアは幸せものです。

そして今日は、遠くのパピ友から素敵なお花が届きました。
Jママさん、Mさん、Cママさんありがとうございました。
祭壇が華やかになりました。

ジュニア、お花の中で、元気に駆け回ってね。。。


ジュニアの経過をお知らせする筈が・・・

4月1日、夕刻4時。

慢性腎不全、尿毒症にて、お星様になってしまいました。


先月の27日の土曜日に点滴入院から退院して来ましたが、
月曜にはもうしんどいのか、トイレに行くぐらいしか動かず、
しかも歩くのがヨタヨタで、食事もかろうじて食べる状態。
そして、気になったのが、眼が見えていない様な感じもするんです。

火曜になると、徘徊の様なヨタヨタ歩きなのにウロウロして、
部屋の隅や狭い所へ入り込もうとする妙な動きを始めてまして・・・

気にはなりつつ、月・火曜は仕事だったので病院に行けず、
水曜に漸く1日フリーになれたので、午前の診療に行きました。

まず眼の方は、血圧が上がって眼に影響も出るらしく、
正常なら丸い眼球が、変形していて、やはり見えなくなっていました。
腎臓の血液検査は、数値は多少上がっている程度で水分量が少ないぐらい。
つまり、異常数値ではないんです。

検査結果が出るまでに、ドクターから、「点滴入院するか、通院治療にするか」
確認のお話がありまして・・・
はっきりと言わずとも、ドクターの言わんとする事が分かりますよね。
点滴入院で2日間ほどしか回復しなかったんですもの・・・

「出来るだけ嫌な思いはさせず過ごさせてやりたい。」とお願いして、
水分補給の皮下注射をして帰る事にしました。
が、皮下注射を受ける時、今まで病院で鳴いた事など無いのに、
異常な叫び声を上げまして、この時にはいつものジュニアではなかったのかもしれません。

帰宅後、暫くは眠っていたものの、また徘徊行動が始まり、
その内、先程の異常な叫び声を上げだし、抱っこして宥めて眠ったかと思ったら、
また叫び始めついには暴れ出し、もうこの繰り返しが続き。
あたしの手にはおえず、午後の診療時間を待ちました。

鎮静剤で抑えてもらう為預けて、2時間後に様子を診に行きましたが、
「脳障害が出てます」と・・・

脳障害は、診た目では分からず、薬を入れての変化で分かるらしく。
ジュニアは、預ける時にかなり舌が出ていたのですが、
正常な場合は、出ている舌はそのまま出ているけど、元に戻ってました。
つまり、本人の意思と脳の指令が合ってなくて、
ジュニアは眠りたいけど、脳は動けの指令が出て異常行動をしていたんです。

看取るなら家でと、連れて帰りたかったのですが、
ドクターは、今の状態では帰せないと・・・
今の脳障害を抑えないと、後遺症が出る事もあるのでとか
説明付けされましたが、これはドクターの優しさ。
脳障害がでていると、最後は壮絶で絶対に見ていられないそうです。
でもまだこの時は、帰って来ると思ってたんですけどね。

木曜は休診日だけど、朝10時にドクターが一旦出て来られるのですが、
朝の仕事があったので、又夕刻に戻って来られるのでその時に面会に行く予定でした。
しかし、ドクターから電話を頂いたのは、悲しいお知らせでした。

ドクターが戻られた時には、もう息を引き取っていたそうです。
でも、まだ温もりもあり穏やかで苦しんだ様子は無かったそうです。
苦しんで亡くなった場合は、つっぱって硬直しているそうです。
最後の姿を誰にも見せたく無かったのかもしれません。


ジュニアのお陰でファミリーが出来、沢山のお友達が出来ました。
仲良くしてくれた皆様、本当にありがとうございました。

100401_junior


TONKO MAMA

Author:TONKO MAMA
 ♪とんとこ☆一家♪
気まぐれパパ:ジュニア
肝っ玉☆ママ:メロディ
熱血番人長女:リズム
ヤンチャ次女:ピアノ